婚活

  • 今話題の映画「結婚」を見てきました。

    映画の説明文にある作品情報では、直木賞作家の井上荒野による「結婚詐欺」を題材にした長編小説「結婚」をディーン・フジオカ主演により映画化。ある時は小説家、またある時は空間コーディネーターと姿を変えながら、年齢や境遇も異なるさまざまな女性たちを翻弄していく結婚詐欺師・古海健児。彼にだまされた女たちは、古海の相棒である千石るり子にたどり着くが……。結婚をめぐって、騙す男と騙される女たちの孤独と欲望が描かれる。・・・とあります。騙す男と騙される女の心理。男がなぜ結婚詐欺を続けるのかなどなかなか面白い映画でした。

    一方、1年ほど前に公開されて話題になった映画「後妻妻の女」も見ごたえがありました。映画の作品情報は直木賞作家・黒川博行の「後妻業」を、大竹しのぶと豊川悦司の共演で映画化。大竹しのぶ演じる小夜子が結婚相談所のパーティで出会った資産を持つ独身男性の後妻に収まり、次々と多額の金品を貢がせる「後妻業」を生業とする女の姿を描く。という内容です。

    新聞やTVでも結婚詐欺というニュースが時々報道されますが、最近のニュースではやはりインターネットの会員制「合コン」サイトで知り合った独身のエリート女性医師二人が精神科医を装った男に合計4千万もの大金を騙されたニュースが話題になりました。この男にもキャバクラの共犯者がいて、職業を偽ったり相手からお金を引き出す手口だったり、共犯者がいたり等、上記2つの映画にも共通するものが描かれています。

    被害者と容疑者が利用していたとみられる合コンサイトは、男女が飲食などを楽しむ「合同コンパ」の相手を13万人以上の会員から選べるようです。希望の年齢や職業を選べ、「成婚率2割超」をうたっています。 利用するには無料の会員登録が必要。サイト上で公開するプロフィルを作成し、ニックネームや住んでいる地域、職業、年収、飲酒・喫煙の有無、身長、体形などを細かく入力して、合コンの目的を「友だちを増やしたい」「彼氏・彼女を作りたい」「結婚相手を見つけたい」などから選ぶ仕組みだそうです。

    現在、婚活は大手の結婚情報サービスをはじめとして、仲人型の結婚相談所や婚活バー、街コン、ネット婚活サイト、SNS婚活など多様なサービスが展開されておりますが、安心・安全面で考えると入会前に独身証明者や所得証明者・卒業証明者・住民票・戸籍謄本など役所や大学の公式書類(原本)提出が必須な結婚相談所や結婚情報サービスがやはりお薦めになります。なぜかというとそのような書類が有る事で独身かどうかとか家族や職業や年収などがプロフィールと会っているのかをチェックすることになりますので、最低限の身元保証になって来るかと思われます。必要書類が少なかったり自己申告のみで書類が必要のないネット系や街コン・無料サイト・出会い系等はその分敷居が低くて手軽に安価で始められるメリットはありますが、反面身元保証がない分安心・安全面から考えると自己責任での活動になってしまいます。

    私自身も現在結婚カウンセラーを行っておりますが、独身時代は約10年位の婚活難民時代を過ごし、様々な   「しくじり婚活」を経験して参りました。その間、実際に婚活パーティ業者や入会のみ無料の婚活サイトで高額の費用を騙し取られたり、婚活パーテイで出会った美人が実は業者が用意した桜だったりとか、無料のサイトで出会ったスリムな美人に会いにわざわざ遠く海外まで行ってみたら実はとんでもない太った別人だったりとか数えきれない失敗をしてきました。今も婚活は少しずつオープンな業態になってはきましたがまだまだ会社の友人や友達にも言えないでひそかに活動している方々も多いかと思われます。大量の広告を出している大手結婚情報サービスが必ずしもいいとは限りません。出会い系でもきちんといいパートナーに出会える方もいらっしゃいます。人によって向き不向きがあります。これから婚活を始められる方々には私のような婚活失敗を少しでもなくして行けるようにきちんとお話しして参りたく考えております。安心・安全で更に楽しい婚活に少しでも貢献出来れば幸いでございます。

  • マイブーム。最近ハマっていること、それは時間があるとデパートや地下街を歩いてレディースファッションショップをみて回る事です。それも婚活用のワンピースやブラウス・スカート・アクセサリー関連を見て回る時間が多くなりました。男性のマイブームとしてはとしてはかなりやばいですね?決して女装趣味があるわけではございません。

    当然ながら、当初、男性一人でレディースショップに入るのはとても恥ずかしくて、なおかつお客様も女性ばかりですから、入って洋服を見ていても周りにとても気を使います。女性店員さんが寄ってきて声をかけてくると皆さん一様に「プレゼントですか?」と聞かれます。当たり前ですよね?当初は娘のプレゼント用にとかごまかしてましたが、最近は「婚活や撮影用の衣装を探しています」とはっきりと言えるようになりました。女性用の洋服専門店ってどこの街に行っても駅前のビルや地下街に溢れるほどたくさんあってそれぞれが競合しているはずですが、継続して存続しているってことはやはり女性達の需要が半端ないってことですね。

    毎週毎週レディースファッションショップ(LFS?)を200件、300件と見て回ると何処のブランドのどんな洋服が女性の写真撮影に合っているかどうか、つまり写真写りのいいもの=婚活に合っている洋服=男性から好意を持ってもらえる洋服かどうかが自然とわかって来るようになりました。

    男性から好まれ、また注目される女性用の婚活衣装はやはり落ち着きのある清楚さ、上品さ、華やかさ、可愛いらしさがあってあまり派手目ではないもの、露出度の少ないもの、あまりフリフリしていないもの(フリルが少ないもの)が好印象かと思われます。

    今回、マリーブリッジは写真スタジオや結婚相談所としてはおそらく業界初・国内初となる女性用婚活衣装をスタジオ内に準備致しました。いままで数多くの婚活女性の写真を撮影して参りましたが、ご持参いただく衣装が残念ながらその女性に合っていなかったり、黒系の洋服だったり、婚活用には向いていないものだったりというケースがかなりございました。婚活衣装をご用意した結果、これからは普段着でそのままご来店頂き、お気に入りの洋服を選んで頂いて、ヘアセットとメイクをして撮影頂く事が可能になりました。更にご希望のお客様にはお見合いや交際デートにも衣装をレンタルしてご利用頂くことも可能になりました。マリーブリッジは今後、このサービス拡充により女性がより一層輝きイメージアップを図っていただく事で婚活での撮影~お見合い~交際~成婚に至るまでのお見合い率・交際率・成婚率のさらなる向上を目指して参ります。

    レンタル料金:ブラウス・スカート各1着¥1,000~、ワンピース1着¥2,000~ご利用になれます。

    配送ご希望の場合、送料はお客様ご負担となります。基本クリーニング費用・保険料無し。

    (万一汚れ・シミ抜き・破損等が生じた場合は実費ご請求になる場合がございます。)

    *お気に入りの洋服が見つからない場合、提携先のレンタル衣装専門店をご紹介いたします。特典付きの価格で店舗での試着やスタジオへの配送も可能です。

    主な婚活衣装ブランド(20代~40代メイン):ML2A2847

    ナノ・ユニバース、アーバンリサーチロッソ、ロペピクニック・ナチュラルビューティベーシック

    インデックス・パターンフィオナ、ケービーエフ・ロディスポット等

  • 4月末に静岡県よりわざわざ横浜の当スタジオに婚活写真の撮影にご来店頂きました女性の相談室様より今回

    嬉しいご成婚のご報告を頂きました。

    本当におめでとうございます。土日の婚礼撮影もそうですが、婚活写真の撮影でその後、ご成婚のご報告をいただき、幸せのおすそ分けをいただけるような仕事に関われて嬉しい限りです。

    以下、東京の相談室様からのメッセージです。

    「お世話になっております。
    お世話になりました〇〇ですが、本日プロポーズを受けて結婚が決まりました。
    お写真から始まりましたご縁ですので本当に感謝申し上げます。
    引き続きましてどうぞ宜しくお願い致します。」

    末永く幸せなご家庭を築かれますよう祈念しております。

     

  • 神奈川県県民局次世代育成部の取り組み「恋カナプロジェクト」とは。

    全国的に未婚率が高まる中、神奈川県は、結婚を希望する方がその希望を実現できるよう、かながわの魅力を活かした取組み「恋カナ!プロジェクト」を進めています。
    県がモデル的な取組みを行うことにより、市町村や企業等による結婚支援の取組みを促し、結婚に向けた機運を高めようとしています。

    主な取り組み内容としては3つ。

    ☆自然な出会いのバスツアー「恋カナ!ツアー」の実施

    ☆結婚支援情報の総合ウェブサイト「恋カナ!サイト」での情報発信

    ☆結婚に向けた一歩を全力で応援する「恋カナ!フェア」の開催

    今年の恋カナフェアーは下記日程で開催になります。今回マリーブリッジは婚活&SNS用の無料撮影会を

    担当致します。この機会に是非ご来場下さい。ol1027恋カナフェア1119用ちらし

    日時:11月19日(土)12:00~17:00

    場所:横浜市関内新井ホール

    「結婚を何から始めればよいかわからない」 「出会いの場に参加してもうまくいかない」など、 結婚に関する様々な悩みを解決するヒントが得られるミニセミナーや相談会がございます。他にもカジュアルお見合いパーティ、無料撮影会、ブライダル商品展示、最新ウエディングドレス展示等がございます。

    詳細は下記「恋カナ」HPをご覧ください。

    http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0214/koikana/fair/

     

  • 今回、、写真館や写真店、ブライダル関係など写真のプロ& ビジネスが集まる展示会とセミナーの日本唯一最大スケールのイベント「PHOTONEXT」を主催する株式会社プロメディアが発行する「スタジオNOW」10月号にマリーブリッジが掲載されました。スタジオNOWは写真館やフォトグラファー・ブライダル等の写真関連のビジネス情報誌になります。10月号はウエディング特集で「いま新郎新婦が求めるウエディングフォトとは?」にマリーブリッジの新しい取り組みについてお話しさせていただきました。

    近年国内のウエディング業界は少子化による婚礼数の減少や入籍しても挙式や披露宴を挙げないいわゆる「ナシ婚」の増加に伴って厳しい競争時代に突入しております。従来の写真館は婚礼カップルのブライダル撮影をきっかけにしてつながりが出来て、その後のマタニティ・お宮参り・七五三・成人式といった家族写真の係り付け写真館という関係性が出来ておりました。しかしながらこのような厳しいブライダル環境の時代を迎えるにあたっては、違った新しい取り組みが必要になって参ります。特に大手企業のように大きな広告費用をかけれない中小企業の写真館や写真スタジオにおいてはなおさらです。

    マリーブリッジの新しい取り組みとは従来の結婚が決まった婚礼カップルへの取り組みと同時に、その婚礼手前の時間軸の男女の「出会い」から始まる「婚活」への取り組みになります。現在のネット社会での「婚活」で最も重要な要素はやはり見知らぬ人と見知らぬ人を結びつける運命を分けるかもしれない「婚活写真」の良し悪しがキーポイントになってきます。写真館だからこそ希望の婚活に役に立てること、それは相手の目に留まり、選んで頂くための上質で好印象な写真をご提供し、お客様の求めるご希望の婚活の可能性を最大限引き出す事ではないでしょうか。

    実際に婚活で長年結果の出ていなかった他の相談室の会員様が、弊社の写真の撮りなおしにお越しいただき、その後多くのお見合い申し込みが増え、交際に入ったといううれしいお話を沢山いただいております。

    婚活自体も大きなくくりでウエディング予備軍ととらえ、マリーブリッジは写真館+結婚相談室+ヘアメイク+婚活コーディネートで今までなかった新しい取り組みに邁進していきたいと考えています。ml2a2101-1

  • 今回、知り合いの相談室の先生からうれしいご報告を頂きました。

    3月に知り合いの相談室の先生からのご紹介で当スタジオに婚活写真の撮影にお越しいただきました40代の男性が無事にご成婚されたとのことです。写真登録後に沢山のお申し込みがあって、10名以上の女性とお見合いをされたようです。その中で東海地区の女性と交際を続けられ3か月間の遠距離交際期間を経てご成婚につながったようです。当社自身の会員様もそうですが、それ以上に相談室のご紹介でご来店いただいた会員様のご成婚はうれしい限りです。

    やはり何千何万人という見知らぬ男女が登録している婚活のネット社会では、第一印象の写真がとても重要になります。今回の男性もヘアメイクをさせていただきましたが、弊社では普段メイクをしない男性にも顔色が良くなるような基本メイクやその方にあったヘアセットをご提案しています。男性様には今後、パートナー様とご一緒にご来店いただき、ご成婚記念の撮影を担当させていただければ幸いです。どうか末永くお幸せに!ml2a0234-1

  • 離婚した女性の再婚禁止期間が6カ月から100日に短縮になる民法の改正法が本日参院本会議で可決・成立したそうです。離婚時に妊娠していないことを医師が証明した場合などには、離婚から100日以内であっても再婚を認められるようです。男性には禁止期間がなかったことで女性特有の制度ですが、この180日から100日の短縮は離婚した女性にとっては何よりの朗報ですね。願わくばこれで女性の離婚が進まないことを望みます。

  • 今回は先月末にお見合いパーティに参加された都内在住の女性との婚活無料相談で都内まで出向きました。通常、神奈川の方は横浜のスタジオまでお越しいただけますが、都内に住まわれている方は最初は横浜まで足を延ばして来られる方は少ないのが現状です。マリーブリッジは都内や埼玉・千葉の都内近郊まで無料にて出張婚活相談を実施しております。駅近くの比較的空いているカフェを選んで1時間ほどいろんなお話をします。通常ホームページ等でシステムや料金のことはご欄頂いており、どちらかというとこちらから説明するのは少なくてお相手の現状のお悩みをお聞きして解決方法をいくつかご提案することが多いかと思います。今回の女性は30代前半の長身で綺麗な方で一度離婚されています。お子さんもいなく女性側のご希望もそれほど高いというわけではありませんでした。今回の女性はネットで何千何万人という会員専用サイトで気に入った男性を選んで申込みしてお見合いして交際するよりも、どちらかというと実際のパーティで男性とお会いして直接お話して気に入った方をお選びになるほうがお好みのようです。逆にパーティは苦手だという会員様も同様にたくさんいらっしゃいます。それぞれご自分に合った婚活スタイルで活動されることをお薦めしています。 今後こちらの女性は参加されるパーティで男性側からの申込みが増えそうで楽しみです。帰る途中の駅近くに静かでつつじ色に囲まれた神社を見つけたのでそこで女性の婚活成功祈念を致しました。DSC_1783

  • 毎週幸せなカップルの挙式や披露宴を撮影させていただいておりますが、撮影中、私が一番気になっていることがあります。それは2人の出会いから結婚までの道のりについてです。このカップルはどのようにして出会い、どのような交際を経て今日の結婚式を迎えられたのだろうか?もちろんおひとりおひとり毎にそれぞれいろんな出会いをし、いろんな交際を経て当日の結婚式を迎えられている訳ですが、毎回、司会者からのプロフィールご紹介のお話を聴いていると、婚礼カップルの出会いには大きく分けると4つのパターンが多いようです。MVI_7830

    ① 同じ職場の同僚

    新郎と新婦の主賓挨拶者の方の会社が同じ場合、このカップルの出会いは同じ会社や職場ということがほとんどです。同じプロジェクトに参加していたり、同期入社だったり、同じ会社のサークルに入っていたりと、単純に会社だけではなくプラスアルファでの活動に参加していて、飲み会や打ち上げ食事会等で親しくなっていくパターンが多いようです。

    ②友人からの紹介

    このパターンも最近は増えています。挙式や披露宴にこのキューピット役が出席しているとサプライズでお二人からプレゼントが贈られるケースが増えています。友人紹介というのは結婚相談所同様にお相手の身元保証なり人柄がほぼ保証されている訳ですからお互いが気に入れば交際から結婚へもスムーズに行くパターンが多いようです。友人からあいつなら自信を持って紹介しようと思われる為には、日頃から友人との付き合いを大切にして女性にも男性にも相手への気配りが出来るようになっていることや、誰にでも常に親切に接していることが必要ですね。「自分の利益よりも相手の利益を優先する」利他の精神が大切ですね。

    ③大学のゼミや各種サークル・交流会等

    大学時代の同じサークル活動や同じゼミで一緒に活動して交際していて、卒業後就職してからそのまま結婚というカップルも意外と多いですね。私の大学時代の友人でも最も多いパターンです。また会社とは別に、地域でのサークル活動や趣味のサークル活動、各種交流会で出会って交際~結婚というパターンも多いようです。共通の趣味や目的を持った人々とサークル内で定期的に活動していく中で自然と気の合うパートナーが見つかって交際に発展して結婚するのは自然なことですね。

    ④結婚相談所・結婚情報サービス・婚活パーティ等

    新郎・新婦がそれぞれまったく違った会社で業種も違い、プロフィール紹介時にキューピット役の友人ご紹介や同じサークル活動のご紹介が無い場合、このパターンが多いようです。ご自分でいくつかのサークルで活動されていたり、スポーツ同好会に入っていたりする方は少ないようですが、やはり会社や職場にあまり独身の対象者が居なかったり、仕事が忙しくてほとんど会社と自宅の往復が日常的になっている方の婚活には大変向いています。何よりも結婚相談所は各種必要書類の提出でお相手の身元保証が前提になっているので、合コンや街の婚活パーティや婚活バー・婚活カフェ等と違って最低限の「安心+安全」がついてきます。最近はホームページやブログ・SNS等の普及で婚活情報が入りやすくなって来ており、女性も男性も若くて容姿もすばらしく、学歴や年収・会社等のプロフィールの条件のいい方も地元の結婚相談所を利用される方々が増えてきています。マリーブリッジでは婚活初心者や相談所での活動が不安な方々の為に1ヶ月30日間の「体験ご入会コース」をスタート致しました。

    これ以外にも様々な出会いがあります。お見合いカフェ、お見合いバー・相席居酒屋、いつもの通勤電車で気になる人との出会い、出会い系サイト、SNS等での交流サイト、友人の結婚式の2次会、両親や兄弟親戚からの紹介などなど。出会いは自分で待っていても向こうからはやって来ません。(余程の美人は別ですが)自ら行動しないと何も得られません。先ずは自分に合いそうなものからはじめてみませんか?

     

     

  • 一口に婚活といっても、大手の結婚情報サービスや結婚相談所・交流会・街の婚活パーティ・友人からのご紹介・SNSのパーティ・婚活バー&婚活カフェなどいろいろな活動スタイルがありますが、その中でも結婚相談所は志望校(希望相手)に合格(成婚)する為の1年間の婚活予備校に入学(入会)して受験勉強(結婚活動)するようなものです。入学するには入学金や登録費用の初期費用と月会費や活動費・お見合い料・成婚料などが必要です。費用は予備校(結婚相談所)毎に様々です。費用の他にもいくつかの書類の提出が必要になります。結婚相談所は独身証明や学歴・年収等の身元保証の元、会員同士が安心して活動出来る環境が用意されているからです。なぜ結婚相談所が予備校と同じようなものかといえば、志望校(希望相手)を目指してその道の専門家(予備校の先生=結婚カウンセラー)が予備校生(婚活生徒)に一人ずつついて1年間アドバイスやカウンセリングをして合格(成婚)に導いてくれるところだからです。当然受験生(婚活生徒)の目標志望校(結婚条件)が実力以上に高いと中々合格(成婚)出来ない状況が続くことになります。予備校が加盟している連盟や協会等は婚活に必要な様々な講座が用意されていて、予備校生(婚活生徒)は自分に足りない好きな講座(有料セミナーや有料ワークショップ)を選んで受けることが出来ます。婚活基礎講座・お見合いトレーニング・心理学講座・男磨き講座・女性磨き講座・異性との話し方講座・ファッションコーディネート講座・選ばれる婚活写真講座などなど様々な婚活講座が用意されています。毎月、小規模の模擬テスト(婚活パーティ)も開催されており、参加することで希望の相手に巡り合い、交際して成婚に繋がるケースも少なくありません。運よくカップリングが成立しない場合でも何回かのパーティ参加でご自分の偏差値(結婚偏差値)を知ることが出来、その後の傾向と対策が立てやすくなります。ご自宅に帰ってからの勉強(活動)は通常何万人という会員が登録されている協会や連盟の会員専用ネットに入って、ご自分に合った希望の相手を検索したり、希望の相手にはお見合いの申込みをして、相手からの返事を待つことになります。先生(結婚カウンセラー)は受験生(生徒)がどのような相手に申込みをしていて、結果がどのようになっているのかを都度把握して時々アドバイスを行います。お見合いが成立したら日程調整をしてお見合いの準備をします。通常、お見合いには本人の希望を聞いて同行したりしなかったりします。

    婚活予備校(結婚相談所)は全国に何千箇所と沢山あり、費用やサポート内容も様々です。結婚偏差値(年齢・容姿・職業・収入等)の高い方で性格も良く人に好かれるような方ならどのような婚活手段でも、それなりに成婚の可能性は高くなりますが、そうではない自分にあまり自信のない方でプロの専門的なサポートを必要とされる方には是非結婚相談所をお薦めいたします。マリーブリッジでは1ヶ月間・1万縁の体験ご入会コースを用意しています。本入会前に是非お試し下さい。予備校への入学時期ですが、やはり新しい事を始めるのは春がお薦めです。はじめるのはそう、「今でしょ」。

    DSC_1479

    DSC_1479