2016年3月08日

今日のWebニュースで下記の再婚禁止期間の短縮が閣議決定されたとの記事がありました。

女性の再婚禁止期間を離婚後6カ月間と規定している民法733条を100日に短縮し、離婚時に妊娠していないことなどを証明できれば禁止期間内でも再婚を認めるとする民法改正案について、政府は8日、閣議決定した。今国会中の成立を目指す。改正案は同条1項の再婚禁止期間を100日に短縮した上で、(1)離婚時に妊娠していなかった(2)離婚後に出産した-場合は1項を適用しないと改める。例外適用のために、原則として医師作成の証明書提出を求める。

従来、女性からの問合せで意外とこの6ヶ月間の禁止期間を知らない女性からの問合せが時々あり、丁寧にお断りしておりました。特に多かったのはお子さんの居る在日女性で6ヶ月以内に前夫と死別したり、離婚した方から入会して結婚したいという問合せが時々ございました。配偶者の在留資格が限られているので生活環境のいい日本に残って再スタートをされたいという方が多いようです。在日女性に限らず、晩婚化が進む日本では、少しでも再婚できる期間が短くなり、より多くの女性の再婚機会の拡大に繋がるのは大変望ましいことかと思われます。

2016年3月8日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です